顔のたるみ・シミ

歳を重ねると共に、肌が衰えるのは避けて通れません。しかし、シワやたるみを抑え、肌にハリを与える努力は忘れたくないものです。

「シミ」は、紫外線を防ぐ事が第一ですが、美肌のツボ「顴髎(かんりょう)」も、老廃物の排出を促してくれ、シミを出来にくくします。

場所は両頬のあたり、頬骨の一番下の角にあります。目尻から頬骨をたどって、三角に尖った骨のやや下のキワがツボになります。人差し指の腹をツボに当て、骨のキワを押し上げると同時に、筋肉を持ち上げるようにするのがポインチです。

左右同時に3~5回行います。

頬の血液循環をよくする美肌のツボです。そして、肌の「たるみ」は、主に加齢による、皮膚のすぐ下にある表情筋の衰えによるものです。

最大の予防策は顔の筋肉を動かす事だと言えます。

それには「顔のリンパマッサージ」が効果的です。耳の下から顎へのフェイスラインには、リンパ節が集中しています。このエリアのリンパの流れを良くして、たるんで下がりかけている輪郭をスッキリさせましょう。

人差し指・中指・薬指の3本で、あごからこめかみまでを、フェイスラインに沿ってクルクルと円を描きながらマッサージしていきましょう。

このときに、前述した顴髎のツボを通過するようにすると良いでしょう。

そして、隣接している血管や表情筋を鍛える為に、おでこ・こめかみ・頬のマッサージも行いましょう。顔全体を引き上げるように、上へ上へとリンパを流していく事がポイントです。

「肩こりとは今日でおさらば」のTOPへ