自信をつける

自分に自信がないと、どうしても前傾姿勢になってしまうと思います。また、アキレス腱が縮んでいることもあるので矯正する必要もあるでしょう。胸を開くと、自然に深い呼吸が出来、自信に満ちた人間に生まれ変わる事も出来ます。今回ご紹介するのは「チェストのポーズ」です。このポーズは、肩の三角筋、僧帽筋に十分な刺激が入り、胸郭に広がります。アキレス腱も合わせてよく伸ばせるポーズですし、腰やお腹周りも柔らかくほぐれ、更に負担をかけて強化します。まずは身体から整えていきましょう。直立姿勢から、足先を開きます。かかとはつけたままV字に立ちましょう。そこから左足を前に出し、左足の指先はまっすぐ前に向け、手は後ろで組みます。息を吸いながら、手のひらをしっかり合わせ肘を伸ばし、右足を曲げます。息を吐きながら上体を左足に向かって倒し手は上へ。顔が足へつくくらい倒して5呼吸キープです。この時かかとは床から離れないように注意しましょう。そして息を吸いながらゆっくりと上体と足を戻し、息を吐きながら今度が左足を曲げ右足を伸ばして上体を後ろへ反らします。手のひらを合わせたまま肘を伸ばして5呼吸キープしましょう。息を吸いながらゆっくりと身体を戻します。足を入れ替えたら同様に行います。合わせた手は最後まで離れないようにしましょう。骨盤、筋肉のねじれの矯正になり、身体が安定する事で、結果的に自信につながっていきます。